エントリー

バテンテンションの掛け方3

グラスファイバーチューブ

DSC_0943.JPG

 

ほとんどのスラーロームセイル及びフリーライドセイルはグラスファイバーチューブをメインバテンに使用している。バテンが柔らかいためバテンテンションを強くかけて硬さを補っている。このようなセイルは当然アウトも引いて少しでもセイルのふくらみとパワーポイントの移動をおさえている。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー