エントリー

LIBERTY カスタムバテン 5

FU201725e.jpg

 

続くフェタベンチュラ戦(7月)はアントワーヌが長年優勝を続けているレースでコンディションも強風、30-40ノットセイルサイズは7.0-5.2を使った。結果は8レース中1位3回、2位2回、総合1位で、2位のマテオを大差で抑えた。アントワーヌにとっては予定どおりの勝利(勿論プレシャーも大きいはずだ)で次戦のデンマーク(9月)が大事なレースになった。

デンマーク戦はライト、ミディアムウィンドコンデションで2-4番手でスタートしてトップでファーストマークに入るには他の選手より抜きんでたトップスピードが必要になるため、カスタムバテンが作られた。アントワーヌはラージボードに9.4, ミディアムボードに8.6,7.8を使用し、風域は7―18, 15-30ノットにも及ぶ。強風だけでなくコース内で変化するブローが抜けたときも失速を最小限に抑える性能が要求される。オーバーパワーでコントロールの改善とスピードアップ、ブローが抜けてもスピードを極力維持する。その答えが風速の強弱によるフォイル変化の少ないセイル(バテン)にあると考えている。
結果としてデンマーク戦は7レース中1位4回、4位1回、総合1位で2位のマテオを僅差でおさえた。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー